エビデンスの検索のためには?




サイト 内容
pubmed ★★pubmed検索では、mesh, majrの使用が不可欠。BMJ Clinical Evidenceも検索対象となった。
web上でJAVAscriptでの検索式作成も可能(森實)。
jama users' guide ★★有名な JAMA Users' Guide (EBM Working Group)。
uptodate ★★UpToDate。有料であるが、2007年よりGRADEシステムを採用するようになった。
hstat ★The Health Services Technology/Assessment Texts (HSTAT)。
cma ★The Canadian Medical Association (CMA) 。GRADEシステムやコンセンサスの手法について解説している。
dynamed ★★総合医科学情報データベース、毎日情報が更新されている。2ヶ月の無料トライアルがあるが、年間3万5千円。
trip ★★1997年スタート、独特の分割ピラミッドのアイコンで、質の高いエビデンスを抽出し、さらにフィルターが充実してます。
poem ★Essential Evidence Plus: 以前InforPOEMs/InfoRetriever。”Patient Orientated Evidence that Matters”のデータベースである。
cochrane ★★★GRADEシステムでの evidence quality profiler, GRADE profilerでの Summary of Finding (SoF) とCochrane Reviewの RevMan5とが統合され(2007年)、さらに 2008年2月に、Cochrane Handbook online (Ver5)が公開された。
ebm-gl ★★★GRADE system採用のCochraneガイドライン。
bandolier ★★★毎月更新され、evidence in health, healthcare, medicine関連サイト
duets ★The Database of Uncertainties about the Effects of Treatments (DUETs) established in the UK to publish uncertainties that cannot currently be answered by referring to reliable up-to-date systematic reviews of existing research evidence.
curbside ★★★検索エンジンとして、semantic fingerprinting technologyという手法で、検索結果がいくつかのカテゴリーに分類されて表示。
clin evid ★★BMJ-CLinical Evidence、GRADE point採用で、pubmedでも検索対象
cebm エビデンスレベルを、治療・病因予後診断、などのカテゴリー別にして、推奨度も5段階で設定。GRADEとは異なる基準である。
netting EBM関連の検索、およびEBM関連の情報が豊富で、google searchと統合
g-i-n Guidelines Advisory Committee (GAC) - Canada The GAC website. りんごのアイコンでの等級
g-i-n 国際的なガイドライン作成のために2002年に発足。日本からは、医療機能評価機構のMindsが登録
grade-balance 日本医科大学電子図書館のEBMガイドラインのリンク
gate NZ州オークランド大学チームが開発したものです。graphic表示PECOT-X
gann がん情報サイトとして、国立がんセンターとともに最新かつ包括的な情報配信サイトです
umin ★国内の医療関係者むけの国内臨床試験のUmin検索サイトです。海外では、
米国=http://www.clinicaltrials.gov/、英国=http://www.npojip.org/index.html